ヒデちゃんのよかばい日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽政策

韓国事情(太陽政策)


韓国政府は、486人もの北朝鮮による拉致被害者がいるにもかかわらず、


拉致問題に対しては、強く追求をすることもなく、あえて看過している。


これは、圧力や制裁ではなく、人道的・経済的援助や文化交流を通じて、


お互いの理解を深めることで、北朝鮮の態度を軟化させようとする


金大中前大統領からの考え方であり、


寓話に例えて「太陽政策」と呼ばれている。


「旅人ではなく、泥棒に物を与えている様なもの」など、


日米を中心に強い非難があるにもかかわらず、


韓国が「太陽政策」を続けている背景には、


第2次世界大戦後、2つの大国(米ソ)の理論によって、


同じ民族ながら南北に分断された韓国と北朝鮮の両国こそが


犠牲者であるという理論によると言われている。


実際に、両国の被害者意識は強く、


大国に共闘していくという意識が根底にはあるからだろう。


しかし今、北朝鮮が核開発し実験が行われた事は


韓国の太陽政策で韓国からの物資やお金が


北朝鮮の核開発に使われたのは言うまでもないことでしょう。


韓国ノムヒョン大統領の支持率大きく低下している。


次の選挙までに大きな変化がなければ、大統領の席はないだろう。


ハンナラ党の政権も危ういと思う。



私個人としてはノムヒョン大統領は好きです。


というのは、2年位前慶尚南道金海の大統領の生家に行ったことがあって


そこで親戚の方がいろいろ案内してくれた、とても親切に。。


いまは、記念館が出来ていると思う。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanakasouken.blog59.fc2.com/tb.php/28-47bfbdf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。